IR情報

中期ビジョン

中期ビジョン

「DB+CCS」でGlobal Companyを目指す

「DB+CCS」は、暮らしに密着した幅広い情報を蓄積、整理、統合することでデータベース化(DB)し、ユーザーに多様なデバイスを通じて最適な情報を提供するサービス(コミュニケーション&コンシェルジュ・サービス[CCS])のことです。
求めていたものが見つかる、決断に必要な情報が揃う等、出逢いと発見の場を提供し世界中の人々の自分らしい生き方をサポートします。

「DB+CCS」でGlobal Companyを目指す

中期ビジョン実現に向けたグループの事業戦略

国内の不動産市場を最優先に、長期的な成長に向けた投資もしていきます。

事業戦略

国内事業戦略図表CD領域

HOME'Sを通じてユーザーに対し最適な情報を提供するため、質・量ともに圧倒的No.1の不動産住宅情報サイトを構築するとともに、事業者に対しても業務の効率化や可視化といった業務支援に取り組みます。事業者を支援することで業界全体のサービス向上に取り組み、それを利用したユーザーが満足できるような、ユーザーと事業者双方にとって欠かせないプラットフォームの構築を目指します。

(目標)
  • 総掲載物件数No.1
  • 使いやすさNo.1
  • 利用者数No.1
  • 情報精度No.1
toBtoC

海外事業戦略図表A領域

ネクストとTrovitのノウハウを融合し、収益化を加速します。

アグリゲーションモデル

連結子会社のTrovit Search S.L が運営する、世界46か国に展開する不動産・住宅、中古車、求人の分野に特化したアグリゲーションサービス「Trovit」のサービス展開国をさらに拡大していきます。

(目標)
新規展開国数 年間4か国
ポータルモデル

Trovitの技術により新規展開国数を増やしながら、国や地域、文化や商慣習を見極め、当社がHOME'Sで培ったノウハウを融合、Lifull MediaThailand, LifullRumah のような地域密着型不動産情報サイトの展開も進めます。

(目標)
新規展開国数 年間2か国
事業戦略

新規事業戦略図表B領域

  • 第3の柱となる不動産領域以外の事業創出のため、新規事業の立ち上げに継続的に投資を行っていきます。
  • 新規事業は原則子会社化し、権限と責任意識を明確化し、経営のスピードを上げるとともに、次期経営者の育成を進めていきます。

経営指標

国内、海外、新規事業の領域において成長のための投資を続けるとともに、収益性の改善を進め、中期的な目標としてEBITDA率28%の達成を目指します。

HOME'S(ホームズ)がイメージする近未来の住替

ページ上部へ戻る