ホーム > プレスルーム > リサーチ・プレスリリース > 『HOME'S』、最高裁の更新料有効判決に関する不動産会社の意識・実態調査(最終報告)

リサーチ・プレスリリース

印刷する

2011年08月09日

株式会社ネクスト

日本最大級の住宅・不動産情報ポータルサイト『HOME'S』調査報告

~最高裁の更新料有効判決に関する、不動産会社の意識・実態調査(最終報告)~
妥当だと思う7割、妥当ではないと思う1割弱
約半数が更新料について問合せを受けたと回答

日本最大級の住宅・不動産情報ポータルサイト『HOME'S』を運営する株式会社ネクストは、2011 年7 月15 日の最高裁判所第二小法廷での更新料を有効とする判決を受け、賃貸仲介・物件管理業を営む全国のHOME'会員企業を対象に、意識・実態調査を実施しました。

<調査概要>
調査実施対象 : 住宅・不動産情報ポータルサイト『HOME'S』に加盟する、賃貸仲介・物件管理業を営む全国の不動産会社
調査手法 : インターネットアンケート
有効回答数 : 699 サンプル
集計対象期間 : 2011 年7 月15 日(金)~2011 年7 月24 日(日)
 ※本調査で言及する判決: 最高裁判決=2011年7月15日 最高裁判所第二小法廷における有効判決
                    大阪高裁判決=2009年8月27日大阪高等裁判所における無効判決


1.妥当だと思う7割、対策済み3割


更新料有効判決について、29.0%の不動産会社が「判決は妥当だと思うし対策は済んでいる」、と回答しました。 「妥当だと思うがこれから対策が必要になる」と回答した42.8%を合わせ、約7割が判決を妥当だと考えています。また、「対策は済んでいる」計では30.7%となり、約3割の不動産会社が2009年8月27日の大阪高等裁判所での無効判決以降に既に対策済みであると回答しました。
この2 年間の対策としては、「更新料を下げた」、「更新料をなくした」ほか、「契約書を見直し、改訂した」、「説明書類を別途、準備した」、「同意書を別途、準備した」、といった対策が取られていたことがわかりました。

2.「更新料を下げた」2割弱、「更新料をなくした」1割弱


2009 年の無効判決からこの2 年間で「更新料を下げた」16.7%、「更新料をなくした」7.3%の不動産会社が更新料を下げたりなくしていることがわかりました。今後の対応として、「更新料を下げる」5.3%、「更新料をなくす」3.4%という回答があり、更新料が有効となった現状でも、今後は更新料を請求しづらいとする不動産会社が1 割弱いることがわかりました。

3.「この2年間で更新料について問合せを受けた」約5割


2 年前には更新時や契約時に2 割弱の不動産会社が問合せを受けていましたが、現在では不動産会社の約半数が更新料についての問合せを受けたと回答しており、消費者の関心が高まっていることがわかります。


調査結果の詳細につきましては、PDFにまとめておりますので、こちらもご参照ください。
なお本レポートでは、2009 年8 月27 日の大阪高等裁判所による無効判決を受けた、不動産会社対象の調査(※)で発表したグラフを、比較のため再掲載しております。
http://www.next-group.jp/press/research/091008.html

リリース内容に関するお問い合わせはこちら

ここに掲載されている情報は、発表日時点の内容です。
その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

ページの先頭に戻る

発表資料
PDF(PDF0.9MB)

Get Adobe Reader

PDFをご覧いただくためには、Adobe社の最新の「Adobe Reader」が必要です。
最新のAdobe Readerは左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

Copyright(C) NEXT Co.,Ltd. All Rights Reserved.