ホーム > プレスルーム > リサーチ・プレスリリース > 2011年新社会人の住まいに関する意識調査

リサーチ・プレスリリース

印刷する

2011年02月24日

株式会社ネクスト

住宅・不動産情報ポータルサイト『HOME'S』調査報告

2011年の新社会人 72.4%が「就職活動で不況による内定の危機を感じた」
今後の住まいに関わる費用に対して80.3%が節約志向

株式会社ネクストは、株式会社 毎日コミュニケーションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役
社長:中川信行)が運営する学生のための社会人準備応援サイト『マイコミフレッシャーズ』と共同で、2011 年に新社会人となる学生を対象に、新生活の住まいに関する意識調査を実施いたしました。つきましては、調査結果をまとめましたので、ご報告いたします。

<調査概要>

・調査対象: 全国の2011年に新社会人となる男女学生
・調査手法: インターネット調査(毎日コミュニケーションズが運営する新社会人準備情報サイト『マイコミフレッシャーズ』の登録ユーザーに対してアンケートを実施)
・有効回答数: 1,000人 (男性444人、女性556人)
・調査時期 : 2010年12月21日(火)~2011年1月7日(金)

<主な調査結果>

1.2011年の新社会人 72.4%が「就職活動で不況による内定の危機を感じた」
今後の住まいに関わる費用に対して80.3%が節約志向


2011年に新社会人となる男女1,000名に、これまでの就職活動を振り返って「内定の危機を感じたか?」と聞いたところ、72.4%が「内定の危機を感じた」と回答。また、今後の住まいに関わる費用(家賃、家具など生活に関わるもの)については80.3%が「節約したい」という回答となった。内定の危機を感じ節約志向の学生に、節約したお金の使い道を尋ねたところ、1位の「貯金」(83.2%)が2位の「臨時の出費に使う」(34.7%)に大差をつけた。

2.「共同生活」というライフスタイルについて、賛成派は78.5%
賛成理由は「家賃が安い」が88.8%


節約志向の2011 年フレッシャーズ。「共同生活」というライフスタイルについてどう思うか聞いたところ、「相手によっては共同生活を受け入れられる」(賛成派)は78.5%だった。「賛成派」の88.8%は「一人暮らしよりも家賃が安いから」と回答をしている。ただし、生活する相手や住居スタイルで賛成・反対が分かれ、「共同生活をしたい相手」の1位は「恋人」(68.0%)、「共同生活をしたくない相手」の1 位は「会社の上司」(81.8%)となっている。

3.ルームシェアしたい女性芸能人の1位は、女性票を圧倒的に獲得した「ベッキー」
男性芸能人の1位は「向井理」 5位に「料理がうまい」で「村上知子(森三中)」


「ルームシェアをしたい芸能人は?」と聞いたところ、女性芸能人では、女性票を圧倒的に獲得した「ベッキー」が1 位となり、2 位「綾瀬はるか」、3 位「宮崎あおい」と続く。男性芸能人では1 位「向井理」、2 位「明石家さんま」、3 位「所ジョージ」という結果になった。自由回答の理由を見てみると、見た目などの容姿というよりは、「メリットがありそうな相手」を選ぶ傾向が女性に多く見られた。5 位に「料理がうまい」という理由で「村上知子(森三中)」がランクインしている。

調査結果の詳細は関連ページのPDFファイルにてご覧いただけます。


リリース内容に関するお問い合わせはこちら

ここに掲載されている情報は、発表日時点の内容です。
その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

ページの先頭に戻る

発表資料
PDF(PDF3.1MB)

Get Adobe Reader

PDFをご覧いただくためには、Adobe社の最新の「Adobe Reader」が必要です。
最新のAdobe Readerは左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

Copyright(C) NEXT Co.,Ltd. All Rights Reserved.