ホーム > プレスルーム > リサーチ・プレスリリース > 20代社会人の恋愛事情とモテ部屋調査2008

リサーチ・プレスリリース

印刷する

2008年04月30日

株式会社ネクスト

住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME’S」調査報告

首都圏在住社会人、合コンで気になるコの興味を引くのは「吉祥寺」!
モテ部屋目指すなら、「東京タワー」「夜景」「ペット」は外せない!?
~20代社会人の恋愛事情とモテ部屋調査2008~

株式会社ネクストは、人材と出版の総合サービス企業、株式会社毎日コミュニケーションズ(本社:東京都千田区、代表取締役社長:中川信行)と共同で、全国の20代社会人を対象とした住まいと恋愛の関係に関する調査を実施いたしました。このたび調査結果をまとめましたので、ご報告いたします。

<調査概要>
調査対象: 一都三県、京都、大阪、兵庫を中心とした全国在住の20歳~29歳の社会人男女
調査手法: インターネット調査
(毎日コミュニケーションズが運営する20代の若手ビジネスパーソン向け情報サイト『COBS ONLINE』の登録ユーザーに対してアンケート実施)
有効回答数: 1,143人(男性219人、女性924人)
調査時期: 2008年3月10日(月)~2008年3月28日(金)


<主な調査結果>

1.首都圏のモテ街は「吉祥寺」、京阪神のモテ街は「芦屋」

「合コンで○○に住んでいると言われたら相手に興味が沸く街」について、首都圏の20代社会人は男女共に「吉祥寺」、京阪神の20代社会人は男女共に「芦屋」をトップに挙げています。

2.モテ部屋の条件は「夜景」「ペット」「東京タワー」

「部屋に○○があると言われたら相手に興味が沸くもの」については、首都圏では男女共に「部屋から東京タワーが見える」、京阪神では男女共に「部屋から綺麗な夜景が見える」がトップ。女性の回答では「相手が部屋でペットを飼っている」ことも東西共通で高いポイントを見せています。

3.男女共に幻滅要因の10%近くが「部屋からオタク・腐女子バレ」

「初めて遊びに行った部屋で相手の品定めのためにチェックするポイント」では、男性の54.5%が「部屋全体のインテリア」、女性の40.5%が「部屋の臭い」をまずチェックしています。また、「初めて遊びに行った部屋で相手に幻滅したきっかけ」は男性の33.2%が「衣服の脱ぎ散らかし」、女性の35.2%が「ごみを溜め込んで捨てていないこと」。男性の8.2%、女性の10.2%が「相手がオタク・腐女子なことが部屋から判明して幻滅した経験がある」と回答しています。

4.20代ビジネスマンの過半数、OLも半数近くが「おひとり様」

現在の恋人の有無について尋ねたところ、20代ビジネスマンの51.2%、OLの46.0%が現在恋人がいない、という結果が出ています。


調査結果の詳細は関連ページの PDFファイルにてご覧いただけます。


リリース内容に関するお問い合わせはこちら

ここに掲載されている情報は、発表日時点の内容です。
その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

ページの先頭に戻る

発表資料
PDF(PDF0.4MB)

Get Adobe Reader

PDFをご覧いただくためには、Adobe社の最新の「Adobe Reader」が必要です。
最新のAdobe Readerは左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

Copyright(C) NEXT Co.,Ltd. All Rights Reserved.