ホーム > プレスルーム > ネクストの歴史

ネクストの歴史

創業者の井上高志は、1991年に大手不動産ディベロッパーに入社し、ユーザーが求める理想の住まい探しを手伝う中で、「消費者が一生で一番高い買い物をするにもかかわらず、提供されている物件情報が不動産会社の管理下にあり、十分な情報開示なされてない。売り手と買い手の間に『情報の非対称性』が存在する」ということに気づかされました。井上は担当したお客様の希望に最大限応えようと、自社のマンションにとどまらず、中古物件から他社の新築マンションまで情報を集め、その結果、他社の物件に決まったのでした。当然のことながら、上司から叱責を受けたのでしたがお客様からお礼を言われた際の笑顔を見て、「お客様の笑顔こそが仕事のやりがいだ」と心底感じた出来事でした。

これがきっかけとなり、不動産業界の情報公開が不足していることや、さらには、不動産会社の経営・手法には合理化の余地があり「業界の情報流通が促進される仕組み、情報がオープンになる仕組みが必要」と考えたのでした。 不動産業界における『情報の非対称性』を解消することで、笑顔が増える社会を創りたいとの想いを強くし、その後、当時勤務していた親会社の求人情報誌事業へ出向・転籍し、求職者と企業を仲介する求人マッチングビジネスにヒントを得て、現在の『HOME'S』のビジネスモデルを考案しました。 

全国規模の情報流通インフラを構築するために、それまで主流であった紙媒体(住宅情報系雑誌やチラシ)ではなく、1995年の創業時にはまだ黎明期であったインターネットを利用した不動産情報ネットワークを検討。「不動産業界の仕組みを変えたい」という信念のもと、1995年7月に退職、独立し、事業化への実証実験、試験運用を経て、1997年3月にネクストを設立しました。賃貸、中古売買、新築分譲等全ての不動産情報を扱う不動産情報ポータルサイト『HOME'S』運営を開始したのでした。

1997年の会社設立時『HOME'S』は、クライアントである不動産会社加盟店に対し、「掲載したい物件の費用対効果を気にせずに、保有する物件情報を無制限に、全国一律の安価な定額制料金(月額15,000円)で情報を掲載することが可能」。 また、「加盟店がASPサービスを利用し、24時間365日オンラインで物件情報の入力・更新管理を行うことができる」という、当時の主流であった紙媒体(住宅情報誌や折込チラシなど)による不動産物件広告に対して差別化ポイントを強調する斬新なサービス施策を取り、加盟店を獲得、掲載物件数を短期間で増やすことに成功しました。

また、他業界に比べ、IT技術導入に対するリテラシーがまだまだ低かった不動産業界において、不動産情報ポータルサイトのパイオニアとしてインターネット活用を提案・促進しつづけ、インターネットの国内における発展とともに機能拡充を図ってきました。常に中立な立場で物件検索に訪れるユーザーには正確かつ新鮮な情報を届け、会員不動産会社に対してはビジネスチャンスの拡大に寄与することで、不動産業界の変革をもたらし、さらなる発展に貢献していきたいと願っています。

ページの先頭に戻る

Copyright(C) NEXT Co.,Ltd. All Rights Reserved.