ホーム > 投資家向け情報 > 財務・事業データ > 損益計算書

損益計算書

[更新日2013年05月14日]
印刷する

   前連結会計年度自
自 2011年 4月 1日
至 2012年 3月31日
当連結会計年度自
自 2012年 4月 1日
至 2013年 3月31日
区分 注記
番号
金額(千円) 金額(千円)
 売上高   10,319,668 11,962,380
 売上原価   291,458 376,271
 売上総利益   10,028,209 11,586,108
   広告宣伝費   2,735,699 3,454,236
   貸倒引当金繰入額   16,876
   給料及び手当   2,196,701 2,101,793
   賞与引当金繰入額   164,892 351,882
   役員賞与引当金繰入額   10,000 16,000
   地代家賃   943,747 907,085
   支払手数料   843,384 902,570
   減価償却費   479,900 468,550
   のれん償却額   53,347 53,866
   その他 ※1 1,647,924 1,722,246
   販売費及び一般管理費合計   9,075,597 9,995,108
 営業利益   952,612 1,591,000
 営業外収益      
   受取利息   4,597 5,213
   受取配当金   1,092 1,654
   貸倒引当金戻入額   8,410
   償却債権取立益   371 1,956
   還付加算金   10,204
   その他   6,554 3,034
   営業外収益合計   31,230 11,859
 営業外費用      
   持分法による投資損失   27,617
   開業費償却   673
   固定資産除却損 ※2 514 18,086
   為替差損   17 7,409
   その他   262 164
   営業外費用合計   1,467 53,278
 経常利益   982,375 1,549,581
 特別利益      
   段階取得に係る差益   11,724
   特別利益合計   11,724
 特別損失      
   投資有価証券評価損   156,073
   投資有価証券売却損   10,036
   減損損失 ※3 113,500 191,676
   特別損失合計   113,500 357,786
 税金等調整前当期純利益   868,874 1,203,518
 法人税、住民税及び事業税   352,363 801,512
 法人税等調整額   50,701 △196,446
 法人税等合計   403,064 605,065
 少数株主損益調整前当期純利益   465,810 598,452
 少数株主利益又は少数株主損失(△)   △0 △15,598
 当期純利益   465,810 614,051

前連結会計年度
自 2011年 4月 1日
至 2012年 3月31日
当連結会計年度
自 2012年 4月 1日
至 2013年 3月31日
*1 販売費及び一般管理費に含まれる研究開発費は、次のとおりであります。
一般管理費   55,285千円
*1 販売費及び一般管理費に含まれる研究開発費は、次のとおりであります。
一般管理費   75,406千円
*2 固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。
建物附属設備   ―千円
工具、器具及び備品   514千円
ソフトウェア   ―千円
合計   514千円
*2 固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。
建物附属設備   1,369千円
工具、器具及び備品   882千円
ソフトウェア   15,835千円
合計   18,086千円
*3 減損損失の内訳は次のとおりであります。
当社グループは、以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
場所 用途 種類 減損損失
(千円)
株式会社ネクスト 事業用
資産
ソフト
ウェア
113,500
小計 113,500
合計 113,500
(1)資産のグルーピングの方法
当社グループは、セグメントを基礎としてグルーピングを行っております。

(2)減損損失の金額
当社グループは、113,500千円を減損損失として特別損失に計上いたしました。減損損失を認識した資産は以下のとおりであります。

(3)減損の認識に至った経緯
地域情報サービスの固定資産は、使用価値を回収可能価額としており、今後の回収可能価額の見積を保守的に評価した結果、将来の使用価値が著しく低下していると判断し、ソフトウェアについて帳簿価 額の全額を減損損失として計上することといたしました。
*3 減損損失の内訳は次のとおりであります。
当社グループは、以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
場所 用途 種類 減損損失
(千円)
株式会社ネクスト 事業用
資産
ソフト
ウェア
22,803
Next Property Media Holdings Limited のれん 163,525
北京未来家园信息技术有限公司 事業用資産 工具器具及び備品 1,835
北京月银久鼎信息技术有限公司 事業用資産 工具器具及び備品 531
上海房华信科技发展有限公司 事業用資産 工具器具及び備品 2,979
合計 191,676
(1)資産のグルーピングの方法
当社グループは、セグメントを基礎としてグルーピングを行っております。

(2)減損損失の金額
当社グループは、191,676千円を減損損失として特別損失に計上いたしました。減損損失を認識した資産は以下のとおりであります。

(3)減損の認識に至った経緯
当社において、セグメントの「その他」に含まれている「金融情報サービス」の固定資産は、使用価値を回収可能価額としており、今後の回収可能価額の見積を保守的に評価した結果、将来の使用価値が著しく低下していると判断し、ソフトウェアについて帳簿価額の全額を減損損失として計上することといたしました。
更に、連結子会社であるNext Property Media Holdings Limited(以下、NPM社)グループにおいては、現在の経営環境下では業績向上が見込めないことから、当社は、株主に対して速やかに事業を停止するとともに、同社及びその傘下会社を清算する意向を申し入れております。
そのため、NPM社グループに関するのれんの全額及び、北京未来家信息技术有限公司、北京月银久鼎信息技术有限公司及び、上海房华信息科技发展有限公司において、工具、器具及び備品の全額を減損損失として特別損失に計上しております。

ページの先頭に戻る

Copyright(C) NEXT Co.,Ltd. All Rights Reserved.